2011年03月19日

京の桜麩まんじゅう

京の桜麩まんじゅう

桜餅ならぬ、桜麩まんじゅう。
京都で人気の麩まんじゅうを春のよそおいにしてみると、こんなにすてきな生麩の和菓子になりました。
京の桜麩まんじゅう







【美味 おいしさの秘密】
●つるっとなめらかで、モチモチ感は生麩ならでは
●桜葉の塩味とこしあんの甘みが絶妙
●桜の葉の香りと桜色の生麩で春満開

≪人気の高い麩まんじゅうを花の季節に≫
麩まんじゅうといえば、よもぎや青海苔の生麩にこしあん入りの笹巻きまんじゅうはおなじみですが、こちらはいかにも春らしいほんのり桜色の生麩まんじゅう。
上品な甘さのこしあんを生麩で包み、春の香りがうれしい塩漬の桜葉を巻きました。
一見桜餅のようですが、葉の間からのぞく美しい桜色がなめらかで、モチモチッとして弾力ある食感は生麩ならではの楽しみ。
桜の葉の香りと塩味がこしあんの甘みと調和して、絶妙のハーモニーを奏でます。
春にぴったりの桜麩まんじゅう、春の和菓子の定番になってほしいおいしさです。

≪思い出の京都の味をいつもおそばに≫
木ノ下菓匠のご主人、木下さんの和菓子づくりには定評があります。
ともかく和菓子づくりが大好き。
有名老舗の京菓子から半生菓子、干菓子まで、多彩な製造を学んで独立した情熱家です。
木下さんがつくる桜麩まんじゅうは、それはみごとな桜色。
食べやすい小ぶりサイズの可愛さも、おもてなしに喜ばれそう。
春の食卓にデザートとして添えるのもすてきです。
日持ちのしない麩まんじゅうは、京みやげとして持ち帰りにくいのが悩みのタネでした。
でもこれなら大丈夫。
思いついたらいつでも京のお味を楽しんでいただけます。

バレンタインの準備しよう!
役立ちブログ
おまんじゅう専門店
posted by おまんじゅうさん at 08:10| 兵庫 | 麩まんじゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バレンタインの準備しよう!
役立ちブログ
おまんじゅう専門店
いっぱい食べ物集めました。
石田高聖の投資塾 アイスクリーム ジェラート専門店
バレンタインの準備しよう!
健康でおいしいスイーツ
どら焼き市場
もなか専門店
カステラ大好き